FX業者選びならココがオススメ!たったの100円で始められる?!

NDD方式とは

NDD方式とは、インターバンク直結方式のことであり、これを採用している業者と挿でない業者とがあります。そうでない業者の方式はDD方式と呼びます。DDとはDealing Deskの略であり、これはトレーダーが取引を行うときに、カバー取引を行う人のことです。NDDはNo Dealing Deskの略であり、カバー取引をする人を置かないことを意味します。その代わりにシステムによって自動的にカバー取引を行っているのです。

NDD方式のメリットは、取引をするときにはDealing Deskを介さずに取引を行うことによってインターバンクに直接アクセスする事ができます。そうすることによって、複数の金融機関が提示するレートの中で、最も有利なレートで取引をすることができます。このことから、インターバンク直結方式とも呼ばれるのです。それではNDD方式の業者とDD方式の業者の違いを詳しく見てみましょう。インターバンクに直結している事としていないことによってどのような違いが生まれるのでしょうか。

まずNDD方式ですが、システムによってカバー取引を行っているため、DD方式の業者に比べて約定率が高いという傾向があります。また、スプレッドも正確かつ迅速に表示する事が可能であり、トレーダーによって有利な取引が可能となっています。ただし、業者ごとにシステムの強さには差があるため、全ての業者で十分に満足した取引が行えるとは限りません。

これに対してDD方式の場合には、Dealing Deskという人が手作業によって調整を行っています。注文状況や市場の状態を考慮したうえで、レートを表示するのです。この方法は人間の手によって行われるため丁寧な印象がありますが、そのようなものは時にスピードが要求されるFXにおいて必要ではありません。必要なのは迅速さと正確さであり、人間が手作業で行うことによってレートにズレが生じたり、スプレッドに開きが出たりすることは好ましくないのです。

また、NDD方式を採用している業者では、システムによって行われているため透明感があり、信頼が置けるというのもメリットです。DD方式では人間が行っているため、悪意を含んだレート操作や真剣みに欠けるレート提示が行われる可能性がゼロとはいえないのです。悪意のあるレート操作とは、Dealing Deskが不当なレート操作を行うことによって、顧客の利益を業者が奪うような事を言います。実際にそれは可能なことであり、これがDD方式にいまいち信頼が置けない理由となっています。 

とはいえ、不当なレート操作が行われ事件となったことはこれまで一度もなく行われることはほとんどないといっていいでしょう。しかしNDD方式のほうが様々な面でよいということに変わりありません。

サイトマップ |  自己資本規制比率とは |  レバレッジとは |  取引単位とは |  通貨ペアとは |  NDD方式とは