FX業者選びならココがオススメ!たったの100円で始められる?!

取引単位とは

株式投資と同じように、FXにも売買単位が設けられています。しかし、両者には違いがあります。

株式投資の場合には、銘柄ごとに1000株、100株、1株などというように最低の売買単位が定められています。これに対してFXの場合には、取引会社によって最低売買単位が違うという特徴があります。大体の会社において、1000通貨単位、1万通貨単位、10万通貨単位のいずれかを取引することになります。なかにはSBI証券のように1通貨単位や100通貨単位での取引を行える会社もあり、このような会社ではスワップ金利を目的として長期の保有をし、スワップ金利からの儲けで細かく買い足すという複利運用していく際に便利なシステムといえます。

FXの売買単位で複雑なのは、会社によって売買単位を表すロットが違うことです。例えば1ロットを1万通貨単位と定められているならば、どのような通貨で取引をする場合にも、1万通貨を購入する必要があります。このとき、

「取引金額=取引通貨の為替レート×ロット数×最低売買単位」

となるため、もし会社ごとに違う最低売買単位を間違えて購入してしまえば、思ってもいなかったような高額の取引をしなければならなくなります。この点にはよく注意しておきましょう。注文数量は、1000通貨が最低売買単位である場合には、この倍数である1000、2000、3000、というふうに注文を出す事となります。同じように、最低売買単位が1万通貨であった場合には、1万、2万、3万という注文になります。

外国の通貨と円を組み合わせた通貨ペアで取引をしているときには、為替レートが1円変動したときには、1000通貨では1000円、1万通貨では1万円、10万通貨では10万円の損益が発生します。為替レートに動きが出たとき正確にすばやく計算する事ができるようにしておきましょう。為替レートが1日で1円以上の値動きを見せることは珍しい事ではありません。そのため、相場の動きをまだよく読めないうちは取引通貨の単位は小さく始めるようにしましょう。10万通貨で取引するなどというのはもってのほかです。最高でも1万通貨での取引をするようにしましょう。

ただし、日本円に対する為替レートが安い国との組み合わせの場合には、10万通貨単位で取引をしても、それは通常の為替レートの国と組み合わせた1万通貨と変わらないため、問題ありません。為替レートが安い国は、南アフリカランドやノルウェークローネなどのマイナー通貨に多いです。日本円に換算したときに取引金額がいくらになるかということを意識して取引をする癖をつけることが大切です。

サイトマップ |  自己資本規制比率とは |  レバレッジとは |  取引単位とは |  通貨ペアとは |  NDD方式とは